ブログ

 

お問い合わせ

TEL. 045-840-5225

FAX. 045-840-5226


行政機関の活用事例

  • 公共用地の売買


  • 道路の整備や再開発などの公共事業のために用地を取得する場合は、そのほとんどが売買契約 によって行われます。用地取得の売買契約では、正常な価格や条件で契約を行うことが求められます。 そこで、不動産鑑定士による鑑定評価が必要となります。 情報公開の観点からも、説得力の高い「不動産鑑定評価書」の作成が一般的です。

  • 具体的な事例


  •                  
    Case 1
    類型 更地(建物がない土地)
    地積1,000㎡
    評価額110,000,000円(110,000円/㎡)
    評価の種類不動産鑑定評価書
    費用280,000円(税抜き)
    期間1カ月
    概要・取引事例比較法、収益還元法、開発法の
     3手法により評価を行いました。
                     
    Case 2
    類型 更地(帯状の敷地)
    地積30㎡
    評価額521,000円(174,000円/㎡)
    評価の種類不動産鑑定評価書
    費用220,000円(税抜き)
    期間1カ月
    概要・対象不動産によって、評価方法が限られる場合があり、費用が低くなるケースがあります。

    ※ホームページへの掲載にあたって、実際の評価結果とは異なっている部分があります。