ブログ

 

お問い合わせ

TEL. 045-840-5225

FAX. 045-840-5226


企業の活用事例

  • 売買の参考


  • 不動産を売買するうえで最も関心のあることは、その価格で売って(または買って)損をしないか、 つまり、その価格が妥当かどうかです。不動産の鑑定評価によって適正な価格を見積もることで、 売る側と買う側のどちらにとっても安心感が生まれます。 また、会社とオーナーや役員間で行われる不動産の取引は、 適正な価格で売買されているか税務当局が注目していることから、 客観性の高い不動産鑑定評価を活用する場合があります。

  • 具体的な事例


  •                  
    Case 1
    所在 神奈川県厚木市
    類型 自用の建物のみ
    建物の延床面積150㎡
    評価額3,150,000円(21,000円/㎡)
    評価の種類調査報告書
    費用100,000円(税抜き)
    期間2週間
    概要・対象不動産は2階建ての住居です。

    ・この事例のように建物のみの評価を行う
     ことも可能です。
                        
    Case 2
    所在 神奈川県横浜市
    類型 貸家およびその敷地
    地積280㎡
    建物の延床面積600㎡
    評価額190,000,000円
    評価の種類不動産鑑定評価書
    費用300,000円(税抜き)
    期間1カ月
    概要・対象不動産は駅から徒歩圏内の貸ビルです。
      
    ・建物は建築後25年以上経過しているものの、
     繁華性が高い地域にあるため、   
     評価額は高くなります。

    ※ホームページへの掲載にあたって、実際の評価結果とは異なっている部分があります。